リボ払いはマジでやばい!元本が減らずに気がつけば借金漬けになっているケースも

毎月の支払い金額を抑えることができて、めちゃめちゃ便利なリボ払いというサービスがあります。使っている方も多いのではないでしょうか?ですが、リボ払いはマジでヤバイです!!

元本が減らずに、気がついた時には借金漬けになっているという地獄のようなケースを味わうことが多くなっています。自分もそうでしたからよくわかります。

ここでは、リボ払いの恐ろしさを図解を交えて暴露します!!

リボ払いとは

最初にリボ払いについて解説させてください。

リボ払いというのはクレジットの毎月の支払額を自分で決められる、分割払いだとか後払いのようなサービスです。

カードの利用金額にもよるのですが、基本的に「毎月〇〇円くらいまでなら支払える」と支払額を指定できるのが特徴です。例えば1ヶ月に10万円をカードで使ったら、普通は10万円を一括して返済しなければならないですよね?

ちなみにアメックスのカードは大体このシステムです。

ですが、リボ払いを使用することで毎月1万円ずつ支払っていくという使い方が可能です。

多くのカード会社では5万円、10万円、20万円ぐらいまでなら、月々3,000円のリボ払いに対応しています。

20万円使っても、毎月3,000円の支払いでOKというシステムです。個人的には、この時点でもう十分恐ろしいのですが、もっとリボの恐ろしさを暴露するために話を続けます。

また、リボは最大150~200万円まで利用可能とするカード会社が多いです。楽天は300万円がMAXです。つまり、買い物でガンガンカードを使って、利用額が300万円になっても、返済は一括でなくリボでOKということです。

ただし、手数料、年会費、利息、保険料、税金、ボーナスや分割払いはリボ払いにはできないとするカードもあります。

ちなみに、最近はリボ払いの予定がなかったけれども、後からカードの支払い金額を落とすためにリボ払いに切り替える!というシステムも登場しました。

Web上から、リボ払いにしたい支払いをクリックしてリボ払いに変更するだけで、その瞬間に翌月払わなければならないカードの利用代金の支払い金額がガクっと落ちるので、ものすごく快感です。

こういう時にリボを使いがち!

  • たくさんカードを使ってしまった
  • カードの支払いを毎月一定にしたい
  • 毎月の支払いを抑えたい
  • 急な出費があった

リボのメリットは月々の支払額を自分で決めれるので、急な出費があっても翌月一括払いで苦しまない安心感があります。

そして、毎月の支払額がほぼ一定なので家計や支出の管理がしやすいというメリットもあります。

しかし、月々少額の支払いだと利用残高が少しずつしか減りません。余裕がある時に一部、全額の支払いを済ませるのが本来のリボの使い方です。

分割とリボはどう違う?

カードの支払い方法には、一括払いの他にリボ払いと分割払いがありますが、この2つの違いはどんなものでしょうか?

一言でいうと、分割払いはあらかじめ決まっている金額を分割で支払うので1回あたりの支払金額が高くなる傾向にあります。

リボ払いは、どれだけ分割金額があっても「全てひっくるめて月1万円だけ返済します」というシステムです。

分割とリボの違い

  一括払い 分割払い リボ払い
毎月の支払額 使った全額 利用した分割分 指定した額で一定
手数料 なし あり

※会社による

あり
支払い総額 使った分だけ 手数料分だけ多くなる 手数料分だけ多くなる

ここで、もう少し詳しくリボ払いについて見てみましょう。

カード会社のリボ払いに関連するページを見てみても、毎月の支払い金額を安くすることができますよ~!

みたいな宣伝しかされていないのですが、小さく書いてある文字をよく読んで計算すると、リボ払いは非常に手数料が高く、月1万円とか2万円の返済だとなかなか利用残高や元金が減らないといったケースがあり、実際多発しています。

リボ払いはそもそも手数料などの関係で利息が発生するのですが、あまりにもリボの利用金額が多いと、リボ払いの手数料や利息が発生するスピードが非常に速く、また額も大きくなりがちです。

例えば極端な話ですが月に15,000円の利息が発生するような状況だと、月1万円ずつ返していても全く意味がありませんよね。5,000円分ずつ、支払い総額が増えていくという地獄絵図になります。

また、月に2万円返していたとしても、元金が減るのはたったの5,000円ですから、どんどん利息が膨れ上がっていくというわけです。

リボ払いの恐ろしいところは、この部分にあります。

長い間毎月支払っていたのに、返済額が減ってない!?というのはよくある話です。手数料も毎月払っていて、肝心の元金が思ったより減っていないのが原因です。

ちなみにリボについても残高スライド・元金定額リボルビング方式と色々あって複雑なので、表にまとめておきました。

リボの種類について

リボの種類  
元利方式

返済額に利息を含む

毎月の返済額が一定

定額

返済額が一定

元利定額リボルビング方式
残高スライド元利定額リボルビング方式
定率

残高×○%で返済額が決まる

元利定率リボルビング方式
残高スライド元利定率リボルビング方式
元金方式

返済額は元金+利息、返済する定率に利息を含まない

毎月の返済額hは変動するが、早く返済可能

定額

元金支払額が一定

元金定額リボルビング方式
残高スライド元金定額リボルビング方式
定率

残高×○%で返済元金が決まる

元金定率リボルビング方式
残高スライド元金定率リボルビング方式

※残高スライド方式は、「利用残高によってカード会社が定める最低支払額が変わる」システムです

クレジットカードでのリボはざっくり2パターンあります。

毎月「元金と手数料を含めた一定額(いわゆる元利方式)」を払うか、「毎月一定の元金+手数料(いわゆる元金方式)」を払うかの違いです。

ショッピングリボでよくあるパターンでリボの紹介します。

・10万円を実質年率15%、残高スライド元利定額方式で月々3,000円の支払いでリボ払いをした場合は、下記の通りになります。

ショッピングで利用した10万円を毎月3,000円ぴったり固定でリボ払いしていくというよくあるパターンですね。

この場合完済まで44回かかり、約3年半もかかってしまいまい、完済までの支払総額は132,000円で、元金から32,000円もプラスされてしまっています。

しかも、最初の頃は3,000円払っても手数料が多く元金がなかなか減っていかないというリボの特徴があります。

リボ払いの金利はどれくらい?

クレジットカードはショッピングでリボ払い以外にも、キャッシングでもリボ払いが使える特徴があります。

キャッシングリボもショッピングと同じく、リボの種類や考え方は先程の通りです。

それでは金利を見てみましょう。

代表的なリボ金利

楽天カード ショッピングリボ キャッシングリボ
リボ払い方式 残高スライド定額リボルビング方式 最終貸付後残高スライド定額方式

※平成28年5月10日以降の契約

実質年率 15.00% 18.0%
支払い金額 20万円まで3,000円

20万円超4,000円

以降5万円ごとに+1,000円

10万円まで3,000円+利息
様々なリボ・支払い リボお支払いコース

あとからリボ払い

自動でリボ払い

リボ残高のおまとめ払い

リボ払い

1回払いでも後からリボに変更可能

※海外キャッシングは1回払いのみ

 

セゾンカード ショッピングリボ ショッピングリボ
リボ払い方式 残高スライド元利定額リボルビング方式 定額リボルビング方式
実質年率 9.6%~14.6%

※カードによって異なる

12.0%~18.0%
支払い金額 長期コース:例)6万円まで3,000円

標準コース:例)10万円まで1万円

定額コース:3万円以上から自由に設定

標準コース:1万円~

※キャッシングリボに長期、定額コースはない

様々なリボ・支払い お支払いコース・定額コース

あとからリボ

自動でリボ

増額・全額払い

 

三井住友VISAカード ショッピングリボ キャッシングリボ
リボ払い方式 定額方式 ・元利定額返済

・ボーナス月元金増額

返済併用

 

実質年率 15.0%

※カードによって異なる

18.0%

※カード、利用金額によって異なる

支払い金額 5,000円~ 5,000円~
様々なリボ・支払い あとからリボ

マイ・ペイすリボ(自動でリボのこと)

臨時のお支払い

 

ライフカード ショッピングリボ キャッシングリボ
リボ払い方式 残高スライド元利定額リボルビング方式 残高スライド元利定額リボルビング方式
実質年率 15.0% 15.0%~18.0%
支払い金額 一般コース:3,000円~

お支払額コース:3,000円~

10,000円~
様々なリボ・支払い あとからリボ

AUTOリボ(すべて自動でリボ)

繰り上げ返済(一部または全額)

このようにカード会社やカードタイプ、月々の支払い額などによって金利は異なるのですが、ショッピングリボは15%前後が多数です。

もちろんゴールドやプラチナカードなどカードランクが上がったり、あるいはリボ利用額が大きくなるほど金利は下がる傾向にあります。

キャッシングリボもゴールドなどのカードタイプや利用金額によるのですが、金利は18%が多い印象です。

ショッピングリボもキャッシングリボも基本設計は同じですが、金利に数%の差がある、海外でキャッシングを利用するとリボ払い不可の1回払いのみのケースなど細かな違いがあります。

そしてショッピングもキャッシングも、リボ払いの金利は通常のカードローンと大きな差はありません。リボ払いは借金という意識を持つのが重要です。

リボ払いで借金が増えるケースも!

勘のいい方ならもうお気づきでしょうが、リボ払いで借金が増えるケースももちろんあります。毎月のリボ払いで支払い総額を減らしている気になっていると、あとからものすごく痛い目にあうこともあるので注意しておきましょう。

ここでケーススタディです。

例えば、急なお葬式で航空券と宿代に10万円かかった!としましょう。そのときリボはどうなるでしょう?

例)10万円を利用、実質年率15%の場合

リボのタイプ 毎月の支払額 返済総額 返済回数
残高スライド元利定額方式 3,000円※総額 130,139 円 44 回
10,000円※総額 107,497 円 11 回
残高スライド定金定額方式 3,000円

※手数料発生

121,454円 34回
10,000円

※手数料発生

106,875 10回

★10万円をリボ利用すると、手数料で約7,000~30,000円がさらに加算されます。

このように、リボは利用した金額以上の支払いが必要になります。

実は、実質年率15%はサラ金の利率とほとんど変わりません。

リボ払いを、単純な支払いを先延ばしだと思っていると雪だるま式に年15%ずつ借金が増えていきます。

これに気づかないと「リボ払いは何年も払っているから大丈夫だろう」と思っていて、気がついたら支払い総額がとんでもないことになっており一気に地獄に落とされることもあります。

手数料を払ってまでリボを利用する意義があるか確認しましょう。少しでも余力があるなら、リボ払いは利用しないのが賢明です。

なお、リボで利用残高が0になるまで数年かかるというのはザラです。

★月々の支払いを多くしたほうが、早く返済できる

★残高スライド定金定額方式の方が支払総額は少なく済む

というポイントも押さえておきましょう。

リボの落とし穴1!借金が1.5倍!?

カード会社によって150~300万円までリボOKパターンがあり、気づいたら利用残高が50万円、100万円になっていたというケースも見られます。

そうなるとリボ払いで借金を返すのは長期戦ですし、手数料も20~30万円は見ておかなくてはなりません。

ここで、ショッピングリボでよくある、毎月の支払額が一定になる残高スライド元利定額方式で100万円の返済パターンをみてみましょう。

毎月の支払額 3,000円コース 30,000コース
返済総額 1,569,930 円 1,207,600 円
返済回数 144 回 35 回

※ライフカードのシミュレーションを利用

月々3,000円のリボ払いを使うと、手数料は約57万円で返済総額も約157万円となり、100万円使ったのに借金が1.5倍になってしまいます。

手数料で57万円は相当です。

しかし、30,000円コースにすれば手数料約20万円で総額約120万円の支払いで済み、手数料だけで約37万円も差出ます。リボを使うなら毎月の支払額を増やした方が長期的に得ですね。

リボの落とし穴2!元金がなかなか減らない

リボが便利!と、少額でも毎月リボを使うと残金が増えます。そうなるとどうなるか見てみましょう。

毎月2万円ずつリボを使った場合のシミュレーションを用意しました。

このように、月3,000円のリボ払いでは元金がほとんど減っていきません。

それどころか、毎月ほぼ2万円ずつ利用残高が増えていき、5回目の支払い時点で利用残高が約9万円残っているのに対し、元金相当分の支払いは2,000円を切っています。

これでは元金がなかなか減っていきませんし、月2万円の利用でもすぐに利用残高が10万円を突破してしまう怖さがありますね。

これがキャッシングリボになったり、月5万円、10万円と利用金額が増えればいわゆる気づいたら借金漬けというケースが多いのです。

リボの落とし穴3!個人信用情報

軽くみられがちですが、月々数千円のリボ払いでも支払いが遅延すると個人信用情報に載ってしまいます。

また、それが続くと新しいクレジットカードや携帯電話での契約にひびくケースも出てきます。少額だからと甘くみてはいけません。

さらに、リボ払いの残高も見方によっては借金と言えます。リボの利用残高、つまり借金が多く残ったままだと住宅ローンの融資などをこれから検討している場合はリボ払いが仇となって契約の条件が悪くなったり、ひどい場合は審査落ちになることもありますので注意しましょう。

まとめ

リボ払いは単なる借金のは先延ばしではなく、きちんと利息がかかります。放置していると気が付いた時には雪だるま式に借金が膨れ上がっているというケースもあります。

安易にリボ払いを利用すると借金漬けになってしまう可能性があるので、計画的にクレジットカードは利用するようにしましょう。また余力があるときには繰り上げ返済を努力するというのも忘れてはいけないポイントです。