総量規制対象外で借りるのはヤバい!ガチで返済できなくなりますよ。

借金を重ね、なんとかしてお金を回そうとすると、そのうち審査をゆるくしていつでもお金を貸してくれる業者が神様のように見えてきます。借り入れを重ねても、いつかは何とかなるだろう、と借り入れを増やしてしまうのもよくある話。しかし、多重債務者の人を救うために、総量規制というものがあります。

しかし、この総量規制も突破する方法があります。ただ、総量規制対象外で借りると本当にやばいです。ガチで返済できなくなります。ここでは総量規制対象外で借りることのリスクを紹介します。

総量規制ってなに?

総量規制というのは、いわゆる貸金業者からのキャッシングやカードローンなどの借り入れを年収の1/3までに制限するという規制です。昔は総量規制というもの自体がありませんでしたが、2010年からはこの総量規制があることによりカードローンやキャッシングでの借り入れは年収の1/3以上が制限されることになりました。

つまり年収300万円の人は100万円以上の借り入れをすることができなくなったというわけです。

こっそりと総量規制対象外でも貸付をしてくれる業者がいるのではないか?という噂もありましたし、実際にお金に困るとそういう業者ばかりついつい探してしまうのですが、きちんと免許を持って営業している正規の貸金業者は総量規制を破ることは絶対にありません。

また、年収も誤魔化しちゃえばバレないのではないか?ということを考える人もいますが、貸付を受ける際にそもそも収入証明書類を出さなければなりませんし、今までに一度でも収入証明書類を他の業者に出していれば、個人信用情報機関に年収が掲載されているので、これも簡単にバレてしまいます。

総量規制で審査落ちはある?

総量規制によって審査に落ちてしまうことはあるのでしょうか?これは実際に多く存在するケースです。むしろ、審査落ちの理由の多くが総量規制によるものです。

もちろんカードローンに落ちてしまった時に「総量規制に引っかかったために審査落ちです」と教えてくれるケースとそうでないケースがありますが、多くの場合は理由を教えてもらうことはできません。

食い下がって何度も聞いてみると「総量規制の関係で・・・」とか「ご年収の関係で・・・」と、やんわり教えてくれるケースもあります。

また、今まで借りている金額を「他社借入額」という形で申し込み時に記載するケースもあります。この時は審査にかけるまでもなく、申告した年収と借入額のバランスを見て総量規制に引っかかる場合はそこで審査落ちです。受付すらしてもらえないケースもあります。

貸金業者も、この規制を破って貸付をしてしまうと違法貸付になってしまうケースもあるので、絶対にこのラインは破らずに営業しています。

総量規制でもお金は借りられる?

総量規制に引っかかっていても、つまり年収の1/3以上のお金を既にカードローン業者などから借りていたとしても、そこからさらにお金を借りることは不可能ではありません。

総量規制には、例外規定と総量規制のそもそも対象外の貸付があります。

例外と対象外の貸付であれば、現在年収の1/3以上お金を借りていてもそこからさらに新規の借入をすることが可能です。

ここでは、総量規制でもお金が借りられる方法をご紹介します。

銀行融資

一つ目は、銀行融資の受けるという方法です。実は、総量規制は銀行の貸付については対象外なのです。カードローンやキャッシングなどいわゆるサラ金からの貸付で年収の1/3以上の借り入れがあったとしても、銀行からお金を借りるのであれば問題なく融資をおろしてもらうことは「理論上」可能です。

ただし、忘れてはならないことがあります。銀行の融資は、サラ金や消費者金融よりも審査が厳しいという点です。むしろ銀行の融資が厳しいがために、サラ金や消費者金融からお金を借りる人が多いのです。

つまり、よほどの事情や担保がない限りは、サラ金や消費者金融で限界ギリギリまでお金を借りている人に融資をしてくれる銀行はないというわけです。

それ以外に方法がない場合には、銀行の融資を検討することもできますが、審査に通過できるかどうかは別問題です。

消費者金融のおまとめローン

消費者金融は総量規制に引っかかっていると1円も借りられない、というイメージがありますが、実は消費者金融の中にも、総量規制の例外として規定されている貸付の方法があります。

総量規制もガチガチに年収の1/3以上の借り入れを禁止する!となってしまうと色々と生活に支障が出るケースも想定されたため「例外規定」というものがいくつか設けられています。

その中の一つに「顧客に一方的有利な貸付」というものがあります。これは平たく言うと「おまとめローン」の事です。

つまり、複数の貸金業者からお金を借りていると毎月何回も返済日が来ますし、利率についても少ない金額を複数の業者から借りていると高くなる傾向にあるので、一つの会社からまとめて借金をして、利息を下げたり、毎月何度もやってくる支払日を月一回にしてしまおうという方法を取ることができます。

これがおまとめローンです。
借金の一本化とも言います。

借金の一本化に使える消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象外なので、現在年収の1/3以上の借り入れがあったとしても、問題なく審査を受けることは可能です。もちろん審査が通るかどうかは別の問題ですが、総量規制に引っかかっている状態で消費者金融からお金が借りられるとしたら、この方法しかありません。

おまとめローンに通過すると、総量規制の上限以上に一時的にお金を借りることが可能です。ただし、このお金は必ず今まで借りていた消費者金融会社に返さなければなりません。そのための融資ですから。会社によっては、またはおまとめローンの契約内容によっては、おまとめローンを貸付してくれる会社が申し込んだ人の代わりに今までの返済先に一括返済してくれることもあります。つまり申し込んだ人の手にはお金が渡らず、業者が代わりに全て返済を代行してくれるというわけです。

場合によっては「早めに元の借り先に一括返済してくださいね」ということでお金を貸し付けてくれるケースもあります。この時、魔が差してついつい生活費などにあてこんでしまうというケースもあります。しかし、これは明確に契約違反になりますので、絶対にやってはいけません。

目的別ローン

カードローンやキャッシングはいわゆる目的のない無担保フリーローンという形での契約になります。つまり何にそのお金を使っても自由!というのがいわゆるフリーローンです。総量規制はこの目的のないフリーローンを主な規制の対象にしています。

そして、それと反対に例えばウエディングローンや医療ローン、その他目的があることに対してお金を借りるという目的別ローンというものがあります。一番多いのは結婚式の費用を借りるウエディングローンですが、このローンについては実は総量規制の対象にはなっていません。

もちろん、車のローンでおなじみのオートローンについても厳密には総量規制の対象を受けることはありません。車のローンについても立派な有担保ローンの一種となりますので、比較的審査には通過しやすいという特徴もあります。

また総量規制に引っかかっているからといってその場で車のローンが組めないということもあまりありません。ただし、審査の関係で車屋さんが困ることもあるので、総量規制に引っかかりそうな状況であることは事前に申告しておいた方が良いでしょう。

本当は年収の1/3以上の借り入れがある状態で新規にオートローンを組むのは毎月の支払いが厳しくなり生活が破綻するリスクがあるので良くないのですが、どうしてもという場合にはオートローンを検討しましょう。

その他、ショッピングクレジットなどと呼ばれるいわゆる「商品の分割契約」などの借り入れについても審査的には総量規制の影響を受けないケースもあり、審査に通過することができることがあります。(※多くの場合は他社借入金額が年収の1/3近くにある場合、支払い能力に難ありということでショッピングクレジットも通過できませんが、まれに通過できることもあります)

有担保ローン

もちろん、無担保ローンは総量規制の対象となりますが、住宅ローンやその他不動産担保ローンなど担保がある、いわゆる有担保ローンについてはその対象ではありません。

もちろん審査的には不利になってしまいますが、年収の1/3以上の借り入れがあるからといって、それだけが理由で有担保ローンの審査に落ちてしまうということはありません。

つまり年収の1/3ギリギリいっぱいまでキャッシングやカードローンでお金を借りておき、さらにそこから住宅ローンで大きくお金を借りるということも不可能ではないわけです。

年収の3分の1以上借りるリスクって?

このように総量規制の対象外でも色々とお金を借りる方法はあるのですが、年収の1/3を超えてお金を借りるリスクはかなり大きいリスクとなります。

そもそも、年収の1/3以上になると利子などもついてくることから、現在の年収では返済しきれないということも考えられます。

例えば、年収300万円の場合、手取り年収はおよそ230万円程度で、ボーナスがなければ月に入ってくる手取り給料は23万円から25万円程度となります。

そして年収の1/3である100万円までキャッシングなどでお金を借りていると、仮に利息が15%、3年での完済とする契約だと仮定すると、毎月の返済額は3万円から35000円程度になります。

そうなると、キャッシングの返済だけで毎月手取り給料が20万円を下回ってしまいます。

そこからさらに総量規制対象外の借り入れが増えてくると、本当に月々使えるお金が10万円を切るというケースも珍しくありません。借金の返済だけで毎月10万円以上の出費があるとなると、どう考えても生活が破綻してしまいます。

もちろん、利息だけを支払って支払いを延期するという方法も全く不可能ではありませんが、この場合も同様にどんどん利息が雪だるま式に大きくなっていくのでそのうち生活が破綻するのが目に見えています。

また、完済が遅れれば遅れるだけ利息もどんどん膨らんでいきますので、いつまでたっても返済が見えてこないという状況になることも考えられます。

そもそも総量規制は「雪だるま式に増えて生活が破綻する人をこれ以上出さないように」という目的で国が定めたものなので、当たりまえですが1/3以上の借り入れになると、利息の支払いなどを含めて生活が破綻しやすくなります。

国の方でも様々な多重債務者や破産者を見て、そういった人たちお金を出さないようにと総量規制というルールを定めています。

年収の1/3というのも適当な線引きをしているわけではありません。それを証拠に総量規制対象外借入などの例外ルールも作っているくらいですから、年収の1/3以上を総量規制対象外で借りるのは本当にやばいと理解しなければなりません。

まとめ

送料規制は国が定めた基準で、年収の1/3以上の借り入れを規制するという決まりです。貸金業者もこのルールにしたがって営業しているので、キャッシングやローンで年収の3分の1を超えて借り入れをすることは、現在では出来ないようになっています。

ただし、対象外のローンや例外の貸付などもあるので、年収の1/3以上にお金を借りることは不可能ではありません。ですが、年収の1/3というのはギリギリ生活を維持しながら借金を返済していくことができるラインなので、このラインを超えてお金を借りてしまうと最終的に返済できなくなるリスクが格段に高くなります。

毎月の借金返済金額が、年収300万円の世帯でも10万円を超えてしまう、というのが年収の1/3近い借り入れをしている時の水準です。

つまり、手取りで考えると給料がほとんど半分になってしまうという可能性まであるので、ここからさらにお金を借りてしまうと返済だけで毎月の給料が全て消費されてしまう可能性もあるのです。こういったことにならないように、年収の1/3以下の借り入れに抑えるようにしましょう。現時点で年収の1/3以上の借り入れがある方は今後の借り入れは出来る限り控えましょう。